春日祭/神幸祭(西院春日神社)

10月第2日曜日の前日に春日祭(神幸祭)が西院春日神社で行われます。(京都:10月の行事)
※神幸祭に鼓笛隊が加わらない年度もあるようです。
春日祭は、氏子地区の無病息災・五穀豊穣を祈る秋祭りです。春日祭は、土曜日の鳳輦・日曜日の神輿の2つの行列があります。
土曜日:神幸祭/春日神社発→野々宮神社→春日神社着/宵宮祭
日曜日:神輿渡御祭/御霊遷し/春日神社発→野々宮神社→春日神社着/還幸祭


神幸祭の神事が12:00より行われます。神事が終わると、鼓笛隊を先頭に、鳳輦が続き、神社を出ます。
  

氏子地区を回りながら、御旅所の野々宮神社に13:00頃。御旅所で神事が行われます。
  

13:20頃に、御旅所から鼓笛隊・鳳輦が出ていきます。
鼓笛隊の先頭で合図を送る方の服装が、春日神社からは赤でしたが、野々宮神社から緑に変わります。
  

鳳輦の前には神職さんがお祓いしながら氏子地区を回って行きます。春日神社に鳳輦が戻ってきました。
 

2007年に行われた「春日祭/神幸祭」の様子です。

〜西院春日神社の行き方〜
市バス「西大路四条」下車、徒歩5分。/阪急「西院」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)