神楽岡社神幸祭(神楽岡社)

10月下旬の日曜日に神楽岡社で神幸祭が10:30に行われます。(京都:10月の行事)
神幸祭は、氏子地域の安全や繁栄を願って神楽岡地域を巡行します。神楽岡社の神幸祭のトリを務めるのは、ギャル神輿です。


神事が行われます。途中で、神楽岡社から御羽車へ御霊を遷されます。
境内には神輿や山車が置かれています。出発する時には、吉田今宮太鼓が打ち鳴らされます。
  

行列が出発し、吉田神社から竹中稲荷方向に向かい地域をまわります。
先太鼓・幟・裃姿
稚児
獅子舞
鳳輦
子供神輿
ギャル神輿

神楽岡社神幸祭のトリは、ギャル神輿です。
ギャル(女子)神輿が氏子地区をまわり、ところどころで御祝儀を受け付けています。御祝儀があれば、そこで威勢よく唄い踊ります。
女子ならではのメロディーです。(毎年、違います)
神楽岡〜♪神楽岡〜♪ハイ、ハイ、ハイ、ハイ、それそれそれそれ、はい、おかぴ〜♪(07年)
神楽岡♪神楽岡♪それそれそれそれ、わぁ〜♪(09年)
  

吉田今宮太鼓は、各、休憩地点で叩かれます。
 

氏子地域を、ギャル神輿が回っていきます。
  

2009年に行われた「神楽岡社神幸祭」の様子です。

〜神楽岡社の行き方〜
市バス「京大正門前」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)