今様歌合わせの会(法住寺)

10月第2日曜日に法住寺で今様歌合わせの会が行われます。(京都:10月の行事)
法住寺の今様歌合せの会も、07年で22回目となりました。
今様歌合せの会は、日本今様舞楽会が今様の保存や再興を目指して開かれているものです。
平安装束を身につけ、平安時代に流行った今様を再現します。


15:00前に阿弥陀堂にて住職さんの法要が行われます。法要が終わると、住職さんも交えて、今様歌合せの会が15:40頃に行われます。
最初に、左右の柱の横のロウソク台のロウソクに火をつけます。
  

白拍子姿の方々が、小儀式を。今様歌を書かれる色紙と筆を歌人に配ります。
平安装束の方々が、色紙に今様歌を即興で書き込みます。一般の方も、希望者は色紙に書き込めます。
  

今様歌が書かれた色紙を、集めます。今様歌合わせの場が作られ、始まります。色紙に書かれた今様歌を一つ詠み上げます。
  

詠み終えると、白拍子姿の舞人が舞楽を演じられます。
色紙に書かれた今様歌を、一枚づつ詠んで舞ます。今様歌に書かれた色紙がなくなると歌合わせの会が終了します。
  

本堂内は有料です。1時間前に行かれれば最前列で見られます。横からは無料で見られます。
白拍子の舞は、何度も演じられるのでゆっくりと見られます。

2007年に行われた「今様歌合わせの会」の様子です。

〜法住寺の行き方〜
市バス「博物館三十三間堂前」下車、徒歩3分。/京阪「七条駅」下車、徒歩7分。

きょうの沙都(トップ)