放生会(知恩院)

10月15日に知恩院(八幡社)で放生会が13:30に行われます。(京都:10月の行事)
八幡社で行われるのですが、雨の場合は阿弥陀堂内で行われます。
放生会は、一般的に殺生をつつしみ、この世の生き物に感謝し生き物の霊を…。
また生き物を放流したりします。
我が命 生かさんと 殺生の限りをつくさん まさに今 火湯に入りなんとする生命を
我が不慳の財を捨て 一虫を解放するも また善事にあらざらん


導師さんが中央に座られ僧侶さんが左右に。信徒さんや一般の人も座り時間になると法要が始まります。
堂内には丸い水槽が置かれていて、そこに鯉がいます。


水槽前で祭文を読まれます。


導師さん・僧侶さんらが花束を置かれていき手を合わせます。全員が花束を置かれると、再び祭文を。


再び法要があり、参列者さんが焼香を。焼香は堂内にいる人、全員が対象です。
この後も法要が続き終了します。


放生会が終わると信徒さんらは食事などされます。

知恩院の阿弥陀堂内は本来、撮影は禁止なのですが、放生会の法要につき特別にOKとのことです。

2013年に行われた「放生会」の様子です。

〜知恩院の行き方〜
市バス「知恩院前」 下車、徒歩7分。

きょうの沙都(トップ)