日向大神宮内宮大祭(日向大神宮)

10月17日に日向大神宮で内宮大祭が14:00に行われます。(京都:10月の行事)
16日は外宮大祭が行われ、17日に内宮大祭が行われます。両日を合わせて秋季大祭です。
内宮大祭では、古式に則って御神楽「人長舞」があります。


整列後、内宮に向かいます。神事が本殿で行われますが、幕があるので様子は分かりません。神事は、一般的なものです。
  

榊の枝を人長さんに手渡します。


榊の枝を受け取った人長さんは座り、舞の準備をします。雅楽が演奏される中、人長舞が始められます。
人長とは神楽人の長のことで、右手に榊の枝を持っての一人舞です。榊の枝には、輪(御鏡)が取り付けられています。
  

そんなに多くないだろうと思っていたのですが…新聞に載っていたらしく、大勢の人でいっぱい。
 

2011年に行われた「日向大神宮内宮大祭」の様子です。

〜日向大神宮の行き方〜
地下鉄「蹴上駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)