古本供養(知恩寺)

10月下旬に、知恩寺で古本供養が行われます。(京都:10月の行事)
古本供養は、古本まつりの初日に行われる法要です。期間は数日間あります。
古本供養とは、読まれずに本棚や段ボールに入れられたままの本。役目を終えた本などに対して、感謝をする法要です。
供養した本を燃やすのではなく、供養を済ませた本を、出品して、誰かに読んでもらえれば供養になるとされています。
春に、みやこめっせ「春の古書大即売会」。夏に、糺の森「納涼古本まつり」。秋に、「秋の古本まつり」。京の三大、古本まつりと言われています。


古本供養が9:00頃に行われます。法要の後には、数珠回しが行われます。
数珠回しでは、古書研究会の人達と、園児さんが参加して行われます。もちろん、一般の人も参加できます。
数珠回しは、右に右に、数珠を送ります。途中、大きな珠(赤い房が付いています)が来ると、顔の正面に珠を上げ、願をします。
 

法要が終わると、古本まつりが始まります。待ちわびてた人が、ぞくぞくと。
京都大学の近くですから、京大生が多く、古書や掘り出し本を、買い求める人が・・・
  

数珠回しに参加すると、古本まつりの期間中に使えるクーポン券(200円分)がいただけます。

2008年に行われた「古本供養」の様子です。

知恩寺の行き方〜
市バス「百万遍」下車。

きょうの沙都(トップ)