神販わいの祭(宗像神社)

9月15日頃の休日に宗像神社で、神販わいの祭が行われます。(京都:9月の行事)
神販わいの祭は、宗像神社の例祭で、日々の暮らしの安全と五穀豊穣を願って行われるものです。
以前は、9月15日が祝日だったので、この日に行われていましたが祝日でなくなりました。
その為、15日は神職さんだけの神事(非公開)、15日か以後の日曜に神販わいの祭が行われるようになりました。


神事が10:00より行われた後に、豊栄の舞が舞われます。舞殿が使えないときは本殿前で行われます。
  

崇敬者さんの玉串が終わると、御神酒が、参列者さんや、見学されている方に振る舞われます。


2007年に行われた「神販わいの祭」の様子です。

〜宗像神社の行き方〜
市バス「烏丸丸太町」下車、徒歩3分。/地下鉄「丸太町駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)