観音加持青龍会(清水寺)

9月14〜15日に清水寺で青龍会が14:00より行われます。青龍会は、3月14〜15日と4月3日に行われます。(京都:9月の行事)
京都は東に青龍(せいりゅう)西に白虎(びゃっこ)南に朱雀(すじゃく)北に玄武(げんぶ)を守護してます。
清水寺は東にあたり、清水寺の東には奥の院があります。祠に夜叉神が祀られていて夜叉神は青龍を守り、京都を警戒しています。

青龍会は、清水の奥の院で法要が行われます。奥の院「八功徳水の儀」。本堂「落慶の儀」。
奥の院(舞台)地主神社音羽の滝経堂三重塔西門石段下門前町仁王門轟門本堂(舞台)


奥の院の左横で、順番に整列して奥の院に入ります。
転供侍者
転法衆
四天王
夜叉神
十六善神
龍衆

奥の院で、八功徳水の儀が行われた後に、奥の院(舞台)で、龍が踊ります。
 

奥の院(舞台)で龍が踊り、地主神社で、音羽の滝で・・・
  

会奉行 (えぶぎょう) 法会の儀式を統括し指揮を執ります。
転供侍者 (てんぐじしゃ) 行道の初めに行う侍者。
転法衆 (てんぽうしゅう) 法螺貝を吹き、行道が来たことを知らせます。
夜叉神 (やしゃじん) 合掌されている人々に幸福・厄除・招福を祈願する観音加持を司ります。
四天王 (してんのう)
持国天・増長天・広目天・多聞天の四天の王が青龍を守護し、「南無観世音菩薩」を唱えます。
十六善神 (じゅうろくぜんじん) 経典・大般若経を守護する十六体の神々。「南無観・・・」を唱え行道します。
龍衆 (りゅうしゅう) 観音様の化身である青龍を捧げて境内や門前を練り歩きます。

西門で勢揃いをします。その時の様子です。@〜Iまで。
@
A
B
C
D
E
F
G
H
I

青龍会は、先頭の転法衆(てんぽうしゅう)が法螺貝を吹いて、行列が来たことを知らせます。
次に会奉行(えぶぎょう)、観音加持を行う夜叉神(やしゃじん)が続き、四天王(してんのう)が青龍の前後を守護して、十六善神(じゅうろくぜんじん)が続きます。

行道では夜叉神が合掌をされている方々に、観音加持を行います。
〜手を合わせて、頭を下げて下さい〜


西門で勢揃いした後に、一旦石段から降りて、各々勢揃いします。再び、青龍は西門前の石段で踊ります。
石段下から門前町を練り歩き、ふたたび戻ってきます。
   

仁王門に戻ってきた行道です。鐘楼・経堂を通り、本堂(舞台)に戻ります。
  

始まる10分前に奥の院に行かれると最初から見られます。ただし、年々ですが見られる方が増えています。

2006年に行われた「観音加持青龍会」の様子です。

〜清水寺の行き方〜
市バス 「五条坂」「清水道」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)