烏相撲内取式(上賀茂神社)

9月8日に上賀茂神社で烏相撲内取式が20:00より行われます。(京都:9月の行事)
上賀茂神社の境内では、9日の重陽神事の前に烏相撲内取式が行われています。
立砂のまわりを、奉納相撲の子供達が3周(本番の時は)回ります。
9日の当日は、立砂の前の舞殿に十二単姿の斎王代が座られます。



9日の本番さながらに、烏相撲内取式が行われました。
左右に禰宜(ねぎ)と祝(ほふり)が座り、子供相撲が行われます。


本番さながらに白い装束姿の2人が、弓矢を持ち、烏のように横飛びしながら立砂まで交互に飛んで行きます。
立砂の前に座り込み、当日では、禰宜(ねぎ)が「カーカーカー」と鳴き、祝(ほふり)が「コーコーコー」と鳴きます。


2007年に行われた「烏相撲内取式」の様子です。

〜上賀茂神社の行き方〜
市バス「上賀茂神社前」下車。

きょうの沙都(トップ)