奉燈祭(平野神社)

9月14日に平野神社で奉燈祭が行われます。(京都:9月の行事)
この行事は、大和から平安京に祭神が移されたのを記念に行われたと言われています。
氏子、崇敬者が奉賛の誠心として、奉献して、お祈りします。
境内には、800個の提灯に火が灯ります。参拝者には接待もあります。

拝殿では奉納行事が行われます。拝殿横に座る席が設けられています。


本殿で神事(奉燈祭)が17:30より行われます。
神事が終わると、本殿前で神職さんが、火つけ石で火をおこし、ロウソクに献火をします。


合吟・剣舞(詩吟・平野本能支部)


能・仕舞(立命館大学能学部)


日本舞踊(佳卓)は、人気があり拝殿のまわりは人でいっぱいです。


山城舞楽(京都和楽会)


民謡(西畑社中)


奉納行事は、本殿に向かって行われます。本殿前の石畳からの撮影は禁止です。石畳の横でしたら大丈夫です。
椅子に座るには30分前に行かれると良いと思います。

2007年に行われた「奉燈祭」の様子です。

〜平野神社の行き方〜
市バス「衣笠校前」下車、徒歩1分。

きょうの沙都(トップ)