仏壇供養会(清涼寺)

9月最後の日曜日に清涼寺で、仏壇供養会が行われます。(京都:9月の行事)
仏壇供養会は、お仏壇への感謝を込めて行われます。
古くなった仏壇や位牌、
捨てるに捨てられない仏具など、仏壇供養会に納め、法要をして焼納します。
仏具協同組合さんが、毎年、行っています。08年で31回目となりました。仏具を持って来られる方が多くおられます。


本堂で関係者さんによる仏壇供養会法要が9:30に行われます。本堂での法要が終わると、境内にて法要が行われます。
御導師さんが入場され、祭壇前に座られ法要が10:25に行われます。
  

導師さんが、仏具前に行き、四角と正面で、祈祷します。
  

祈祷後に、祭壇に置かれていたローソクの火から、点火します。木材が多いので、火は、大きく燃え上がります。
祭壇横に設けられた、焼香場に参列者さんや見学者さんが焼香をします。
境内での法要は、1時間ほどで終わります。仏具は持ち込まれた全部を燃やしますので、数時間かかります。
  

仏壇や仏具などを持って来られた方に、粗品が手渡されます。


2008年に行われた「仏壇供養会」の様子です。

〜清涼寺の行き方〜
市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車。

きょうの沙都(トップ)