夏越・矢取神事(下鴨神社)

立秋の前日に下鴨神社で、夏越・矢取神事が行われます。(京都:8月の行事)
矢取神事は、夏越祓神事の一つです。
境内の御手洗に斎竹が立てられていて、御手洗池の中央に50本の斎串が立てられています。
矢取神事は、白装束になった氏子さんが、御手洗池の中央に立てられた斎串を取り合います。
この斎串を手に入れれば、厄除や長寿などの御利益がいただけます。


18:30より本殿で神事が終わると、引き続き御手洗池付近で神事が19:00に行われます。
井上社の前で神職さんが御手洗池と斎串のお祓いを行います。
神事が終わると、19:30頃に神職さんが厄除けをしたヒトガタをそれぞれに持ち、御手洗池のまわりに立ちます。
続いて、白装束になった氏子さんが、御手洗池の左右で待機します。


合図と共に、一斉に斎串を取り合います。矢取神事が終了すると、氏子さんは、斎串を持って退場します。


その後、松明を先頭に神職さんが楼門の前の茅の輪をくぐって退場します。

御手洗池で行う、斎串の取り合いは、ほんの1分で終了します。
この瞬間を見るため、早い人で2時間前から場所取りをしています。

2007年に行われた「夏越・矢取神事」の様子です。

〜下鴨神社の行き方〜
市バス「下鴨神社前」下車、徒歩3分。/京阪・叡電「出町柳駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)