若宮八幡宮祭(若宮八幡宮)

若宮八幡宮祭は、8月8日に五条坂(川端〜東大路)で行われます。(京都:8月の行事)
若宮八幡宮祭は陶器神社大祭とも呼ばれています。氏子の陶器業者が一堂に集まり、陶祖大神を祀る祭礼です。
陶器みこしは、大小200枚以上の皿で装飾された神輿です。神輿の屋根には、陶器が取り付けてあります。


太祭執行の神事が10:00より行われ、神輿や担ぎ手の人達をお祓いします。神輿が出た後は、境内で和太鼓の奉納が行われます。


神輿巡行は11:00より五条坂を練り歩きます。五条坂を神輿を担ぎながら巡行します。
先頭が大団扇で、後ろが神輿台を持って続きます。神輿巡行は、40分ぐらいで終了します。


2007年に行われた「若宮八幡宮祭」の様子です。

〜若宮八幡宮の行き方〜
市バス「五条坂」下車、徒歩3分。/京阪「清水五条駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)