醍醐山万灯会(醍醐寺)

8月5日に醍醐寺で醍醐山万灯会が19:00より行われます。(京都:8月の行事)
醍醐山万灯会は、檀家さん並びに家々の先祖の精霊を供養する行事です。
醍醐寺では、灯籠や提灯に火が灯り、五重塔がライトアップされます。参道では、施餓鬼供養が行われます。
万灯会が行われる8月5日は醍醐寺の境内が18:30より無料で入れます。


18:00〜金堂で法要が行われます。五重塔前に出店も出ています。浴衣姿で、お茶の接待をされています。
参道には施餓鬼供養が行われれる祭壇が設けられています。


金堂での法要が終わると、参道の祭壇まで列を組み来られます。
行列の最中は、お辞儀をして出迎えます。祭壇で施餓鬼供養が19:00頃から始まります。


施餓鬼供養は、受付(有料)で記入して献灯などを授かります。
最初に手を合わせ、お供え物を右から左に3回移します。手を合わせて、次に献灯の火を授かります。
授かった献灯を万灯の下に置いて(入れて)いきます。献灯の入れ物には、それぞれの名前が張られています。


醍醐寺境内の灯りの様子と、五重塔のライトアップです。万灯会では、そうめんが志納でいただけます。


2010年に行われた「醍醐山万灯会」の様子です。

〜醍醐寺の行き方〜
地下鉄「醍醐駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)