八朔太夫(嶋原)

8月1日に嶋原で八朔太夫が15:00頃から始まります。(京都:8月の行事)
八朔…八月一日の事で、京の花街では、芸妓・舞妓が黒紋付きでお茶屋へ挨拶廻りをしており、
テレビのニュースなどでご覧になられた方もたくさんおいでになると思います。
しかし花街の一つである「嶋原」は、置屋とお茶屋を兼ねた店が一軒しか無かったので永らく途絶えておりました。
三年前、司太夫さんが置屋から独立し、嶋原の中で置屋を構える事ができましたので、
置屋からお茶屋へ太夫が夏のご挨拶に行く「八朔太夫」を復活させることが可能となりました。
午前中の花街の八朔を観られた後は、ぜひ嶋原へ足を向けて下さい。

いつ以来からか知りませんが八朔太夫が復活。これを葵太夫さんが実際に廻られました。
挨拶廻りでは普段の赤系でなく白装束をまといます。


芸舞妓さんのような何軒も挨拶廻りをするのでなく、数箇所を。
末廣屋から葵太夫さんと禿ちゃんが出発。島原大門にて。


乙文さんです。のれんにも太夫さんの絵が。詩織さん。松栄さん。


本来は角屋さんですが、夏休み中との事で、付近で記念撮影。
住吉社にてお参りと撮影。最後に輪違屋さんに。


今年度は、こんな感じでしたが、来年度からもう少し大きくしたいとのコメント…

2017年に行われた「八朔太夫」の様子です。

〜嶋原の行き方〜
JR「丹波口駅」下車、徒歩10分。/バス「五条壬生川」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)