虫送り祭/大祓式(柊野・貴船神社)

7月22日に柊野・貴船神社で、虫送り祭・大祓式が18:00頃に行われます。(京都:7月の行事)
虫送りは害虫の駆除の為におこなわれます。貴船神社の虫送りは40年ぶりらしいです。
虫送りを復活された大きな理由は、若い世代や子どもに地域の行事を伝えたいとの思いが…

虫送りは、松明と鉦の行列です。昔は、多くで田や野があった為、どこでも行われていた行事です。
しかし今は住宅が増え、虫送りは一部の地域だけの行事となりました。


最初に本殿で神事が、祓いや祝詞・玉串など。


続いて境内で大祓式が。火床を祓った後に点火です。火床に火がつくと護真木を入れていきます。
この護真木の火が虫送りの種火となります。


護真木を焚き上げた火で松明に火を移します。
こちらの松明は、他とは違っています。※一般的なのは竹の松明です。


御真木を入れ終えると火床や拝殿をまわって虫送りがスタートします。
松明行列は40年ぶりとの事ですが、境内での松明まわりは以前から行われていたそうです。
神社を出て柊野地域を練り歩きます。参加者のほとんどがお子さんです。


虫送りは鉦や太鼓を叩いて虫が出て来たところを松明の火で駆除していきます。
鉦や太鼓をたたくのもお子さんです。


松明は30本ほどあり、松明が消えかけると隣の人の松明から火を…
逆に勢いよく燃えている松明には消化してもらいます。


松明行列は途中、休憩を挟み賀茂川横の道を歩いて行きます。


ゴール地点が賀茂川の河川敷の公園です。ここに斎竹がありドラム缶があります。
ドラム缶には松明10本程度しか入れられず、あとの20本程度は、途中で置いていくのです。
最後に祈願をされ虫送りの祭事は終了します。


2013年に行われた「虫送り祭・大祓式」の様子です。

〜柊野・貴船神社の行き方〜
市バス「柊野別れ」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)