風まつり(千本えんま堂)

7月16日に千本えんま堂で、風まつりが行われます。(京都:7月の行事)
風まつりは、使わなくなった風鈴などを供養します。風鈴は、邪気などを祓う魔除けの法具として使われたりしています。
この日は、本堂の本尊開扉が行われます。本堂内には風鈴が吊され、涼しげな音色が聞こえます。


梶の葉祈願
七夕の夜、梶の葉に墨で恋歌を書き、小たらいに浮かべて月を映すと、その恋は成就すると伝えられています。

えんま堂への参道の石畳の左右には、ロウソクでライトアップされ風鈴供養か19:30より行われます。
梶の葉は、現在の七夕飾り、笹に短冊の原点とも言われています。風祭りの期間中は、梶の葉祈願が行われます。


2008年に行われた「風まつり」の様子です。

〜千本えんま堂の行き方〜
市バス「千本鞍馬口」下車。

きょうの沙都(トップ)