八坂神社例祭(八坂神社)

6月14日と15日に八坂神社で例祭が行われます。(京都:6月の行事)
八坂神社で行われる例祭は、平安時代から行われていて、14日が人長の舞。15日が東遊の舞。
15日(10:00)は、例祭として行われていますが、14日(19:30)は、神楽奉納奉告祭として行われています。



14日・15日に行われる、人長の舞・東遊の舞の前に、氏子さんや関係者が見守る中、本殿で祭事が行われます。
祭事が終わると、14日の人長の舞・15日の東遊の舞が披露されます。


舞殿の左右には、参列者の席が設けられ、舞殿の前はロープで入れないように。
撮れる箇所は、自然と、本殿に向かって左斜め前と、南楼門前からです。


2009年におこなわれた「八坂神社例祭」の様子です。

〜八坂神社の行き方〜
市バス「祇園」下車。/京阪「祇園四条駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)