若鮎祭(嵐山)

若鮎祭は、6月第2木曜日に嵐山の中ノ島で行われます。(京都:6月の行事)
若鮎祭は、保津川の鮎の解禁にともない毎年、新緑の時期に中ノ島公園で行われています。
※最近は、嵐山に観光客を呼ぼうと言う趣旨も入っているようです。
この鮎の試食会は、ハガキで申し込まれた方や招待客のみの試食となります。1000匹の鮎が調理されます。


嵐山の有名処から多数の調理人さんによって行われています。
テントの近くには水槽があり網ですくい上げて、テントでは串入れ調理されます。

鮎の塩焼きは炭火で焼くのが一番美味しいらしいです。嵐山保勝会さんの関係者さんが話しておられました。

鮎の試食の招待やハガキは、鮎1尾とビールに引き替えます。
試食会11:30〜13:00頃は多くの人が並んでいますが、1時間も過ぎれば並ばなくても大丈夫のようです。



〜鮎の塩焼き1尾と缶ビール1缶〜
鮎を試食する人達です。川岸で試食したり、ベンチに腰掛けたりと周辺で食べておられます。


〜嵐山若鮎祭試食券申込方法(申し込み期限に)〜
「往復はがき」に住所・氏名を記載の上、(ハガキ一枚につき一名です。)
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町40
詳しくは嵐山保勝会まで

2005年に行われた「若鮎祭」の様子です。

〜中ノ島公園の行き方〜
市バス・京都バス「嵐山」下車。/嵐電・阪急「嵐山駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)