声明と三弦を聞く会(十輪寺)

6月第3日曜日に十輪寺で、声明と三弦を聞く会が13:30に行われます。(京都:6月の行事)
声明とは、僧侶さんが唱えるお経で邦楽の原点だとも言われています。
十輪寺では、声明と三弦を聞く会の催しが毎年、催します。1部と2部があり、1部は声明。2部が三弦です。

1部では十輪寺の住職さんが寺の試験、延暦寺での試験で声明があった事などを触れたり…
2部では、実際に三弦を弾き、テキストで渡された声明(本調子)を唱和したりと、講座そのものでした。


十輪寺は在原業平が晩年、住んでいた寺で、なりひら寺とも呼ばれています。在原業平の印塔もあります。
その時に塩竃を築き、難波から海水を運んで塩を作り楽しまれたとか。その塩竃が復元されています。
11月23日には、塩竃清めの祭りがあり、塩竃の前で法要があります。


十輪寺の行事は、基本的に撮影禁止となっています。

2013年に行われた「声明と三弦を聞く会」の様子です。

〜十輪寺の行き方〜
阪急バス「小塩」下車。

きょうの沙都(トップ)