音楽とほたるの夕べ(北野天満宮)

6月中旬の土曜日、北野天満宮で音楽とほたるの夕べが行われます。(京都:6月の行事)
夜空を舞うほたるをご覧になったことがありますか。
紙屋川は、いく年をかけ清らかな澄ゆく川になり、ほたるが飛び交う川になりました。
鎮守の森の自然を守りながら川や鳥、生き物たちをこれからも守っていきます。
かけがえのない住まいである地球がいつまでも健やかで美しくあるように願いを込めて…パンフレットより一部、抜粋

この催しは、子ども達に自然のホタルを見てもらう為に17:00頃に行われます。
北野天満宮には紙屋川があり、ここで捕獲したホタルがほたるの夕べの時に使われるホタルです。


ホタルのカゴ(大小)が置かれていました。雨模様だったので、屋内に置かれています。
※天気次第ですが外に置かれる場合もあります。


音楽とほたるの夕べでは、奉納行事が30分間隔で行われます。
神若会の太鼓です。
1。いさみ馬/2。新曲/3。こどもばやし/4。まつりばやし/5。かわら太鼓…最後は、鳳凰太鼓でした。


アンサンブルがあり、三大学(府立大学・府立医科大学・工芸大学)が合同で楽器の演奏です。


本殿前には若干ですが席も設けられています。


奉納行事はいろいろあり、
雅楽が。箏の奉納。最後は、和歌・オカリナの奉納です。※雅楽は宮司さんがされているようです。


絵馬堂では、子ども達が遊べるように、スーパーボールすくいやヨーヨーつりも。無料で遊べます。
来場者のお子さんにはお菓子も配られていました。


ホタルカゴの中のホタルを見ようと。※ホタルカゴの周辺の電気は19:45頃に消されます。


2013年におこなわれた「音楽とほたるの夕べ」の様子です。

〜北野天満宮の行き方〜
市バス「北野天満宮」下車。/嵐電「北野白梅町駅」下車、徒歩10分。


きょうの沙都(トップ)