弁財天御開帳祭(六孫王神社)

6月13日に六孫王神社で、弁財天御開帳祭が行われます。(京都:6月の行事)
誕生水弁財天社は、琵琶湖の竹生島より弁財天を勧請し、安産を祈願し産湯に使ったと言われています。
弁財天御開帳をされるのが、1年に1度、6月13日に行われます。
弁財天にある、扉が御開帳され、弁財天座像が一般の方も見られます。境内の弁財天は、神龍池の横にあります。


弁財天御開帳祭の神事が9:00に行われます。
参加されている方は氏子さんですが人数の関係上、一般の方も玉串をあげます。
弁財天座像の前には、お供え物が置かれています。
神事が終わると、この日は、ぜんざいが無料で振る舞われます。


参加人数にもよりますが、一般の方でも玉串をあげたり、直会(御神酒)が出来ます。

2007年に行われた「弁財天御開帳祭」の様子です。

〜六孫王神社の行き方〜
市バス「六孫王神社前」下車。

きょうの沙都(トップ)