紫陽花祭/奉納行事(藤森神社)

紫陽花祭、山城舞楽の奉納行事は、週末にあります。(京都:6月の行事)
藤森神社の紫陽花苑には、3500株の紫陽花があり、紫陽花祭は、紫陽花が咲いている時期に行われます。
紫陽花を楽しんで見ていただくのが趣旨ですが、期間中の土曜日・日曜日に奉納行事などが行われています。
期間中、9:00〜16:00まで紫陽花苑(有料)に入れます。紫陽花苑は2箇所に分かれています。


2008年の山城舞楽は、四季の景色/常磐国が演じられました。
四季の景色では、巫女の衣装で演じられます。
常磐国とは、松の緑が千年の世から変わらぬ、すべての国が平和を願った。
2名の舞手が紫陽花を持っての舞ます。



2012年の山城舞楽は、御神楽/人長舞/常磐国が演じられました。


山城舞楽の他にも、いろいろな奉納行事が紫陽花祭の期間中におこなわれています。
藤森太鼓(2007)・蹴鞠(2008)・舞楽(2008)


2011年から、ワライナキのミニコンサートもおこなわれています。


2013年に琵琶の奉納行事がありました。


2012年に行われた「紫陽花祭(山城舞楽)」の様子です。

〜藤森神社の行き方〜
市バス「藤森神社前」下車。/京阪「墨染駅」下車、徒歩5分。/JR「藤森駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)