大将軍神社大祭(大将軍神社)

5月最後の日曜日に大将軍神社で大祭が13:00に行われます。(京都:5月の行事)
大将軍神社大祭(神幸祭)は、神輿が氏子の安全、繁栄を願いつつ区域内を巡行します。
神輿巡行は、担ぎ手さんが減少した為、一時は途絶えていましたが、
数年前から京都神輿会さんらの協力で巡行が復活しました。
大将軍神社大祭(神幸祭)は、あまり知られていない祭事で神社にも地域にも張り紙がほとんどないです。


まずは神輿と担ぎ手さんの祓いと神事が行われます。
この後、神輿に御霊を移し、境内を神輿がまわり本殿前で差し上げを。


神輿が大将軍神社の周辺をまわり巡行していきます。
三条通では、車を止めて差し上げなど神輿まわしが行われます。


大祭が行われる当日は、神社の近くにある市立三条浴場が無料開放されます。


神社の西側の鳥居の箇所は狭く神輿が出入りするのは大変です。
再び神社に戻って来て拝殿まわりをし本殿前で差し上げを。
こちらの神輿の担ぎ手さんは、男女混合で担がれています。最後に御霊を移して神幸祭は終了します。


2010年に行われた「大将軍神社大祭」の様子です。

〜大将軍神社の行き方〜
市バス「東山三条」下車、徒歩2分。地下鉄「東山駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)