松明と十二灯(下御霊神社)

5月18日以後の土曜日に下御霊神社で、松明や十二灯が行われます。(京都:5月の行事)
この祭は、疫病など禍を鎮め氏子区域の繁栄を願う祭礼です。
下御霊神社宵宮では、松明や十二灯に子供神輿が巡行します。
境内や周辺には露店が出ています。舞殿には、神輿が置かれています。


2012年より、氏子さん達が中心に祭りが行われた為、松明巡行が中止になっています。
十二灯は行われています。


松明が出発する前に、神事が鳥居前で行われます。神事が終わると、松明が巡行します。
松明の巡行コースは、下御霊神社18:00→寺町二条→下御霊神社です。
松明が、神輿の担ぎ手によって、ころがしながら運ばれます。人は順次、入れ替わります。
寺町二条あたりで、松明を立たせます。そして、松明をゆっくりと回します。


松明が戻ってきました。20分ぐらいの巡行です。
松明が終わると氏子地区の小学校の生徒さん200名程が神社付近に集合しています。


続いて、十二灯・子供神輿の様子です。コースは松明と同じで、19:00に出発。

2007年に行われた「松明と十二灯」の様子です。

〜下御霊神社の行き方〜
市バス「河原町丸太町」下車、徒歩3分。/京阪「丸太町駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)