春季大法要/採灯大護摩供養(霊山観音)

5月18日に、霊山観音で、春季大法要(採灯大護摩供養)が14:00に行われます。(京都:5月の行事)
春季大法要は、殉国英霊の冥福を祈念して、行われています。
大法要は春と秋の2度ありますが、採灯大護摩供養が行われるのは、春季大法要です。

霊山観音は、風景的には申し分のない所です。
青空と観音像と新緑と…ここで、採灯大護摩供養が行われている事は、知られていないと思います。



高台寺駐車場から列を作り、山伏さんが法螺貝の音と共に、入場されます。
入場すると、列を作り、霊山観音の中に…霊山観音の中で春季大法要が行われ、厄除不動明王でも法要が行われます。


法要が終わると、霊山観音の下で列を組み直して、採灯大護摩供養の場所に移動します。最初に問答が行われます。


続いて、護摩供の儀式が、弓で四方と天地を。短剣・オノと続き、松明に火を…


護摩壇の前で祭文を読まれた後に、松明の火で護摩壇に火を点けます。
護摩壇に火がつけられると、あたりは煙で充満します。


護摩供養が行われている最中に、僧侶さんが地主権現社に。ここで、権現社を清めた後に祈願法要を単独でされます。
この日は拝観料が無料に。霊山観音と言えば巨大な観音像(24メートル)があります。


祈祷や護摩木が投げ入れます。採灯大護摩供養は、1時間ほどありました。
終了後、祭壇に供えられていた小餅を、みなさんに、お裾分け…


2009年に行われた「春季大法要/採灯大護摩供養」の様子です。

〜霊山観音の行き方〜
市バス「東山安井」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)