神泉苑祭(神泉苑)

5月3日に神泉苑で、神泉苑祭が行われます。(京都:5月の行事)
神泉苑祭は、地元の繁栄や安全を願って行われる祭典です。※予定は年度によって違います。
1・2日神泉苑狂言(13:30)2日よかろう太鼓(19:30)3・4日神泉苑狂言(13:30/19:00)
3日子供みこし巡行(9:30)/大般若経転読(10:00)/祭典(13:00)/稚児行列(13:30)


神泉苑の前の小学校の校庭では、神輿を担ぐ練習が行われています。行列の山車など、子供達が順々に準備をしています。


子供みこしが氏子地区を巡行します。行列の一部です。


恵方社には、お供え物が置かれ、横には剣鉾が3本立てられています。
本堂で、大般若経転読が行われる前に住職さんが、恵方社・法成橋を渡ります。


法成橋で、白拍子姿での静御前の舞が18:00より行われます。静御前の舞は扇を用いて舞います。10分程の舞です。


神泉苑宵宮では、奉納行事(18:30)が行われます。雅楽が龍頭船の中から演奏されます。よかろう太鼓の奉納もあります。


2007年に行われた「神泉苑祭」の様子です。

〜神泉苑の行き方〜
市バス「神泉苑前」下車。/地下鉄「二条城前駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)