千姫行列(御香宮神社)

5月に、千姫行列がJA向島〜御香宮神社〜大手筋アーケードで行われます。(京都:5月の行事)
千姫行列とは、千姫さんは徳川家康の孫娘です。伏見で生まれた事から、千姫さんを偲び伏見の街を行列すると言うものです。
それと、和文化を多くの人に知ってもらうと言う趣旨も入っています。
千姫行列では、桜色の着物を着て行列します。和文化伝承実行委員会さんが行っています。
第2回は、JA向島〜御香宮神社〜大手筋アーケードで千姫行列がありました。


最初に千姫行列の趣旨の説明が…

〜配布紙より〜
歴史から文化を知り、衣食住等今日まで受け継がれてきた事を次世代の子供たちへと
伝え続けていかなければならないと感じ、歴史や文化、心を学ぶお勉強を継承していく事を目的と致します。
子供たちに 日本舞踊・茶道・着付けなどを指導し、千姫を通じて過去から現代への和の文化を伝承して行きたいと思います。


JA向島の前に並んだ後、行列が9:00にスタートします。先頭に、向嶋花笠会が行きます。そして、8名の千姫です。


行列は御香宮神社に向かいます。途中、向嶋花笠会による花笠振りも。


御香宮神社では、黄金の神輿が。
神輿は、慶長2年9月に徳川秀忠公より長女の千姫に、初誕生の御祝に寄進された…
神輿の前で、全員の記念撮影が行われます。
この日は御香宮神社で伏見南部ふれあいプラザが行われており、ステージ上で、千姫による踊りを披露。


休憩後、御香宮神社から行列が12:00にスタート。大手筋アーケードを納屋町通まで向かいます。


2009年に行われた「
千姫行列」の様子です。

2010年に行われた「千姫行列」の様子です。

〜御香宮神社の行き方〜
市バス「御香宮前」下車。/近鉄「桃山御陵駅」下車、徒歩3分。/京阪「伏見桃山駅」下車、徒歩5分。/JR「桃山駅」下車、徒歩5分

きょうの沙都(トップ)