三ノ宮天満宮神幸祭(三ノ宮天満宮)

5月上旬の日曜日に三ノ宮天満宮で神幸祭が13:00に行われます。(京都:5月の行事)
三ノ宮天満宮は樫原にあり、樫原地域の安全や繁栄を願って神輿が巡行します。
西京区の春祭りで早いのは三ノ宮天満宮です。


境内には神輿が置かれています。蔵の中には、昔、使われていた大神輿が。
担ぎ手がいない為、大人神輿は巡行していません。


本殿前の天井には絵が。


13:00前になると各地域から子供達が集まって来ます。
最初に神事が。関係者さんや各代表者さんが。祭文、祓いと…御霊を神輿に移すと挨拶があり出発です。


子ども神輿は5班からなっています。班は地域、複数の町内で編成されます。
道中は神輿を台車に乗せての移動です。各班が後退交代で神輿の前後につきます。樫原地域、御旅所を巡行します。


途中、休憩を挟み樫原小学校に。ここで太鼓がお出迎え。


樫原小学校の校庭で唯一、神輿を担ぎます。1班〜5班までそれぞれが…
ただ子どもだけで神輿は担げないので、親御さんも一緒に担ぎます。一部です。


このあと休憩が終わって三ノ宮天満宮に戻ります。

2016年に行われた「三ノ宮天満宮神幸祭」の様子です。

〜三ノ宮天満宮の行き方〜
市バス「国道沓掛」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)