嵯峨還幸祭(嵐山・嵯峨野)

嵯峨祭は、5月第3日曜日(神幸祭)第4日曜日(還幸祭)が行われます。(京都:5月の行事)
嵯峨祭は、愛宕神社・野宮神社の祭です。氏子町の安全などを祈願して行われます。
嵯峨神幸祭は、還幸祭の時に神輿が通る道に竹などを立てます。
お旅所で神輿などを飾り付けます。その後、神輿に御霊を入れ神事(神幸祭)が終了します。

清涼寺付近の御旅所では、神輿(愛宕大神・野々宮神社)・子供神輿(男・女)が置かれています。
神輿の担ぎ手が鉦を鳴らしながら、御旅所の南北の道から集まってきます。
嵯峨神幸祭は剣鉾や神輿が嵯峨一帯を巡幸します。


剣鉾(5基)が御旅所に集まります。御旅所横の所定の位置に剣鉾を立たせます。
剣鉾(5基)が揃うと剣鉾前で神事が9:30頃に行われます。その後に境内で神輿の神事が行われます。


剣鉾の神事が終われば、清涼寺前まで1基づつ差して行きます。
剣鉾が清涼寺を通過すると、剣鉾に続き獅子舞が10:00頃に出て、神輿が出発します。
最初に、愛宕大神神輿。続いて、野々宮神社神輿。

巡行は、1年ごとにコースが変わります。御旅所−北嵯峨−大覚寺−フェリス嵯峨−嵐亭−長辻通−御旅所

嵯峨還幸祭は剣鉾を多く差しながら行く祭です。
剣鉾とは、差し手が腰に付けた袋に鉾を入れ、体や足を左右に絡めるように歩きます。
鉾には、鈴が付けられていて、体を左右に揺らしながら歩くと、鈴が鉾の柄に当たり、音が鳴ります。
剣鉾は、剣差しを行わない区間は車で移動します。
龍鉾
麒麟鉾
澤潟鉾
菊鉾
牡丹鉾

剣鉾や神輿は嵯峨野路でも差したり、担いだりします。
剣鉾が11:45頃に大覚寺に到着すると、勅使門から大覚寺の境内に入り、剣差しが行われます。
勅使門から大覚寺に入れるのは、嵯峨還幸祭と除夜の鐘の時だけです。境内で剣差しが終了すると、剣鉾5基が立ち並びます。
続いて、勅使門前で神輿の法要が行われます。
祭事なのに、法要が行われるのは…愛宕大神神輿を大覚寺さんが贈答されたのがきっかけです。


大覚寺で休憩+昼食が1時間ほどあります。13:00頃に剣鉾が大覚寺前で剣差しを行います。
龍鉾
麒麟鉾
澤潟鉾
菊鉾
牡丹鉾

続いて、神輿が大覚寺前を出発します。


大覚寺からフェリス嵯峨を経て、嵐亭に行きます。15:00より大堰川(北側)から稚児行列や子供神輿が新たに加わります。
嵐亭付近には、剣鉾5基が立ち並んでいます。大堰川(北側)では、河原で子供達が出発時間まで遊んでいます。


大堰川(北側)から行列が多少ですが増えます。先太鼓・神職・稚児行列・子供神輿(男・女)・鉾(5基)・獅子舞(2対)・神輿(2基)
先太鼓と神職さんは車で移動します。次に稚児行列です。ここの稚児行列は、他と比べて多いです。50〜100名ぐらいの行列です。
その後に、子供神輿(男・女)が、元気いっぱい行きます。


大堰川を渡月橋方面に、剣鉾を差して行きます。電線などがないので撮すには良い場所です。
龍鉾
麒麟鉾
澤潟鉾
菊鉾
牡丹鉾

剣鉾と神輿が渡月橋(北)から長辻通を進みます。嵐山の渡月橋ですから、人も多く見守っています。
剣鉾や神輿が、長辻通を進んで行きます。長辻通は、バス以外は歩行者専用になります。
獅子舞はパフォーマンスをしながら進みます。
嵯峨還幸祭の獅子舞は、横になったり、時には合体したりと、他に比べてユーモラスがあります。
獅子舞の後は、神輿が長辻通を担ぎながら、時には差し上げをしながら進みます。
バスが行き交うときは道幅も狭くなり大変です。


剣鉾が、御旅所周辺まで剣差しをしていきます。御旅所周辺は、電線が多くあり大変です。逆に、見せ場でもあります。
剣鉾の後は神輿が、御旅所に到着。
愛宕大神と野々宮神社の神輿の神輿が拝殿を3周して、正面で差し上げを行います。
2基の神輿が蔵に入り、神輿から御霊が抜かれ、拝殿で神事が行われます。


2007年に行われた「嵯峨還幸祭」の様子です。

〜嵯峨お旅所の行き方〜
市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車、徒歩5分。

〜大覚寺の行き方〜
市バス・京都バス「大覚寺」下車。

〜嵐山の行き方〜
市バス・京都バス「嵐山」下車。/嵐電「嵐山駅」下車、徒歩3分。/阪急「嵐山駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)