武道奨励繁栄祭(白峯神宮)

5月5日に武道奨励繁栄祭が白峯神宮で9:30より行われます。(京都:5月の行事)
武道奨励繁栄祭は、武道の発展を願い、日頃の成果を白峯神宮で披露します。
空手や剣道、古武道に鉄砲まで、幅広い武道が行われます。



神事が始まる以前から、空手が…。いろいろな型などの後に、板割など…
空手が終わると、妙覚寺剣道場の稽古が行われます。続いて、松濤館白峯塾の空手の取り組みの披露。


空手・剣道が終わると、古武道奨励繁栄祭の神事が伴猪社で行われます。
神事の途中で、煎茶道方円流献茶式が行われ、献茶を供えます。


神事が終わると、古武道が再び行われます。※古武道は、下鴨神社の古武道奉納でも行われています。
古武道の最後は、森重流砲術の披露です。実際に、撃つことはありませんが、砲術の型が披露がされれます。
また、境内には野点が設けられ、お茶(有料)がいただけます。


2009年に行われた「武道奨励繁栄祭」の様子です。

〜白峯神宮の行き方〜
市バス 「堀川今出川 」下車。

きょうの沙都(トップ)