畳供養(清浄華院)

4月下旬に清浄華院で畳供養が14:00より行われます。(京都:4月の行事)
※2016年は中止です。
畳供養は、畳の活性化を図り全国畳産業振興会さんが企画されました。日本全国で畳供養は初めてらしいです。
古くなった畳、畳の想い出などの手紙など、護摩壇じゃないけど、畳の焚き上げが。
近年は畳から洋風まで多くの形式が存在しているなか、もう一度、畳の良さを知ってもらい普及につなげる目的も。


山伏さんや僧侶さんらが整列し、祈願法要が始まります。


祭壇にあるロウソクの火から松明に火を移し、祭文を読み上げられます。読み終わると松明を火床の中に。


畳の祈願法要が始められます。


この後、火床に畳・ござ…の手紙や畳産業振興会に寄せられた手紙などを火床に入れて焚き上げられます。


火床のまわりには、半畳の畳が…焚き上げの煙にかざしています。
第3回目(2015年)より煙に畳をかざすのはなくなりました。


祈願法要が終わると、カットしたゴザが配られます。


先着30名さんに配られた引換券で半畳の畳がいただけます。
(2015年より配布はなくなりました。)
半畳の畳と、カットしたゴザ。大きさが全然違うのが分かります。


2013年に行われた「畳供養」の様子です。

〜清浄華院の行き方〜
市バス「府立医大病院前」下車、徒歩5分。


きょうの沙都(トップ)