春季大祭(吉祥院天満宮)

4月25日に吉祥院天満宮で、春季大祭が行われます。(京都:4月の行事)
春季大祭は、五穀豊穣や氏子の安全や発展を願っておこなわれるものです。
菅原町から子供みこしが吉祥院を練り歩きます。
この日は、吉祥院天満宮の参道や境内には露店が立ち並び多くの人が来られます。



崇敬者さんが出席のもと、春季大祭の神事が10:00より行われます。
最初に、左右にお供えされた神饌などを祓います。続いて、関係者さんを祓い清めます。
祝詞があげられると、巫女さんが浦安の舞を舞われます。最後に一礼して春季大祭の神事は終わります。


菅原町から子供みこしが13:30頃に到着します。
子供みこしは、吉祥院コミニュセンターから行列を組んで、吉祥院天満宮に来ます。
こども神輿を本殿内に入れ、神輿に参加している菅原町のみなさんを祓い清めた後に、神事が行われます。


神事が終わると、神輿が出され、境内に置かれると、休憩後、子供みこしは吉祥院天満宮を出て行きます。


子供みこしは吉祥院を練り歩いた後に、コミニュセンターに戻ります。


吉祥院天満宮では、春季大祭の奉納、六斎念仏が20:00より行われます。安達ヶ原(左)と岩見重太郎(右)


2008年に行われた「春季大祭/吉祥院天満宮」の様子です。

〜吉祥院天満宮の行き方〜
市バス「吉祥院天満宮前」下車、徒歩3分。/JR「西大路駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)