植樹祭(上賀茂神社)

4月29日に上賀茂神社で、植樹祭が10:30頃に行われます。(京都:4月の行事)
植樹祭は、昭和天皇にゆかりのある「みどりの日」に環境保護を願い行われています。
本殿にて環境保護を願っての神事が行われます。本殿での神事が終わると、境内の祭場で植樹祭が行われます。


植樹祭の神事が始まる前に、参列者さんが新宮門から入られます。続いて、神職さんが本殿に向かわれます。


本殿での神事が終わると植樹祭がある祭場に移動します。※植樹される祭場は年度により変わります。
祭壇の横には左右に苗木があります。苗木は、崇敬者さんや氏子さんが奉納されています。
植樹する左右の苗木の前で清め祓いが行われます。
そして植樹の儀式が行われ、代表者さん。そして参列者全員がスコップ(シャベル)で土を盛ります。


ちょうど境内の芝では、賀茂競馬の練習が行われています。
衣装こそ違いますが、これが5日の賀茂競馬です。


本殿の神事は見られないので、この間は芝で2頭の馬による駆馬でも楽しまれるのも良いと思います。

2010年に行われた「植樹祭」の様子です。

上賀茂神社の行き方〜
市バス「上賀茂神社前」下車。

きょうの沙都(トップ)