石楠花祭(志明院)

4月29日に志明院で、石楠花祭が13:00に行われます。(京都:4月の行事)
志明院は鴨川の源流にあり、829年に空海により北の守りとして、不動明王を祀られました。
都の安全と、水源を確保して祈願されてきました。
現在は、行場になっており、全山が修行の場所になっています。


石楠花祭は、行場の滝の前で、行う儀式です。
古式の修験道に伴い、山伏問答・宝弓・法剣・斧などの儀式を行います。

護摩壇に、祈願者の護摩木を燃やした後に、素足で、その上を歩く火渡り行が行われます。
最初は、山伏さんが渡り、続いて修験者や信者さん。そして、一般の方も火渡り行に参加できます。

行場は、神聖な場所なので、撮影が禁止されています。山門までの撮影はOKになっています。
撮影禁止になったのは、
撮影禁止にもかかわらず撮影許可なく画像を雑誌などに載せたのが原因らしいです。


カメラ撮影が禁止になっておりますので、修験体験など興味ある方は一度体験されるのも良いものです。

2007年におこなわれた「石楠花祭」の様子です。


〜志明院の行き方〜
京都バス「岩屋橋」下車、徒歩20分。

きょうの沙都(トップ)