桜花祭(平野神社)

4月10日に平野神社で、桜花祭が行われます。(京都:4月の行事)
平野神社は桜の名所としても知られ、桜が咲くこの時期に毎年行われています。
桜花祭は、花山天皇が始められたと言われています。行列が地域をまわります。


神事が本殿で10:00に執り行われた後、花山天皇陵でも祭事が行われます。※この祭事は以前はありませんでした。
この時期、桜が咲き乱れています。


桜花祭の行列が出発する前に、先頭から、順々に呼ばれていきます。
行列の順番が揃うと、衣装直しや注意事項など準備をします。


拝殿では、桜コンサートが行われています。琴や三味線の音色が奏でられています。


行列は、13:00頃に出発します。いろいろな時代の衣装を身に纏って地域を歩きます。
行列の一部です。
先頭、赤鬼・青鬼。

織姫
鏑馬
鳳輦
深色
東遊
騎馬

夕刻に平野神社に戻ってきました。楽人さんが先導して、鳳輦が本殿前に置き、鳳輦の担ぎ棒などを解体します。


本殿前で神事が行われます。鳳輦から御霊を本殿に戻します。神事が終了すると、神職さんや楽人さんらが退場します。


2007年に行われた「桜花祭」の様子です。

〜平野神社の行き方〜
市バス「衣笠校前」下車。

きょうの沙都(トップ)