華道祭/嵯峨天皇奉献華法会(大覚寺)

4月中旬に、大覚寺で華道祭が10:00より行われます。(京都:4月の行事)
華道祭は、いけばな嵯峨御流の最大の催しです。
4月15日は、嵯峨天皇の命日にあたることから、この時期に大覚寺では盛大に法要が行われます。
華道祭の法要は、初日(華供養塔・心経前殿献華法会)3日目(嵯峨天皇奉献華法会)の両日、行われます。


法要の3日目は、御影堂で嵯峨天皇奉献華法会が行われます。
大覚寺の回廊を行列が移動し、前の僧侶さんが御影堂内で散華を行います。


続いて、献華の儀式が、2名づつ献花台に、竹筒に飾られた生花を置いていきます。代表者による祭文を読み上げます


御影堂内で、花点前があり、献華の儀式が続き、花に献菓に、献茶を僧侶さんに手渡し祭壇に供えます。


最後に法要が行われ、華道祭が終わります。嵯峨天皇奉献華法会が終わると、回廊を行列を組み戻られます。


2008年に行われた「華道祭(嵯峨天皇奉献華法会)」の様子です。

〜大覚寺の行き方〜
市バス・京都バス「大覚寺」下車。

きょうの沙都(トップ)