二十五菩薩お練り供養(知恩寺)

4月25日に知恩寺で、法然上人御忌大会/二十五菩薩お練り供養が10:30に行われます。(京都:4月の行事)
浄土信仰では臨終の際に、阿弥陀如来様が二十五菩薩とともに迎えにきてくださり、
極楽浄土に導いていただけると言われています。
実際に、25人が二十五菩薩の格好に変装して、行列を作って練り歩きます。
知恩寺で22日〜25日まで、大念珠繰りが行われています。
25日は、法然上人の命日にあたることから二十五菩薩お練り供養が3年に1度、行われます。


二十五菩薩様とは。
観世音菩薩 大勢至菩薩 普賢菩薩 薬王菩薩 薬上菩薩 法自在王菩薩 獅子吼菩薩 陀羅尼菩薩 虚空菩薩
宝蔵菩薩 徳蔵菩薩 金蔵菩薩 金剛菩薩 光明菩薩 山海恵菩薩 華厳菩薩 衆宝王菩薩 月光王菩薩
日照王菩薩 三昧菩薩 定自在菩薩 大自在菩薩 白象王菩薩 大威徳菩薩 無辺身菩薩

二十五菩薩の格好をした人が。渡り廊下から本堂に行きます。本堂の裏から一周半して本堂の正面から本堂に入ります。

雨が降っていなければ、参道を通って本堂に行くのですが…

二十五菩薩には、それぞれに役割があり。片手に違った道具を持ち歩きます。行列が、本堂の中に入ります。


本堂の中に、左右に別かれた二十五菩薩様が座ります。練り供養の法要が行われます。


法要が続く中、二十五菩薩様が退場します。
二十五菩薩お練り供養が終わると、本堂では大念珠奉刻が行われます。
本堂の上に置かれている大念珠奉刻を降ろします。
大念珠を法要に来られた方々に、持っていただき、
横に横にと大念珠を「南無阿弥陀仏」「南無阿弥陀仏」と、唱えながら回していきます。


法要が更に続き、本堂の北東角にある場所に、檀が供えられ、法要が行われます。


二十五菩薩お練り供養は3年に1度、行われます。大念珠法要は毎年、行われています。

2007年度の「二十五菩薩お練り供養」の様子です。

〜知恩寺の行き方〜
市バス「百万遍」下車、徒歩2分。

きょうの沙都(トップ)