文子天神まつり(文子天満宮)

4月第3日曜日に文子天満宮で、文子天神まつり/例祭が行われます。(京都:4月の行事)
文子天神まつり/例祭は、地域の日頃の感謝と安全・健康・繁栄など地域の交流と活性化を目的に行われています。
祭事が10:00より行われた後に神輿・稚児巡行が13:30頃に行われます。※巡行は2年に1度です。
神社の横には、焼きそば・みたらし・ヨーヨなども。

道真公の乳母であった巫女の多治比文子(たじひのあやこ)に、
九州の地より、右近の馬場(現在の北野天満宮)に、祠を構えよとの菅原道真公のお告げがありました。
文子には、そんな力はなく、自宅の庭先に、小さな祠を建てて祀りました。これが 文子天満宮になったのです。
その後、道真公の御霊を北野の地に移し、北野天満宮の創建になったのです。
文子により、道真公を天神様として祀り、天神信仰を広めた発祥の神社が文子天満宮と言われています。


神輿巡行する前に、巡行に参加される人達の、お祓いが行われ神輿前で御霊など神事が行われます。


神社から神輿が道に出されます。巡行に参加する、お稚児さんなどが待機しています。


文子天満宮を出発して、地域内を練り歩きます。先頭に宮司さん。神輿。お稚児さん。花車。途中で休憩を挟みます。
巡行が進むと、宮司さん。神輿。お稚児さん。花車。お稚児さん。と、お稚児さんの順番が変わっていきます。


2008年に行われた「文子天神まつり」の様子です。

〜文子天満宮の行き方〜
市バス「烏丸六条」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)