山南忌(光縁寺・壬生寺)

3月中旬の日曜日に光縁寺・壬生寺で、山南忌が行われます。(京都:3月の行事)
山南忌とは、新選組副長「山南敬介」を弔うために、07年から始められました。
山南敬介は新選組の局中法度に触れて、旧前川邸で切腹に至りました。
山南忌は有料の行事で、で予約ハガキを持参して、当日に、お金を支払います。
光縁寺で焼香(10:30〜)を済ませると、旧前川邸でも焼香をした後に奉納行事が壬生寺で行われます。


光縁寺で、最初に関係者さんの焼香が行われます。
 

参加者は、本堂の祭壇で、まずは焼香をします。続いて、墓地で焼香を。
山南忌に参加される方々が次々と来られています。
  

2009年に行われた「山南忌」です。

〜光縁寺の行き方〜
市バス「四条大宮」/阪急「大宮駅」/嵐電「四条大宮駅」下車、徒歩4分。

きょうの沙都(トップ)