観音加持青龍会(清水寺)

3月14〜15日に清水寺で青龍会が14:00より行われます。青龍会は、4月3日と9月14〜15日にもあります。(京都:3月の行事)
京都は東に青龍(せいりゅう)西に白虎(びゃっこ)南に朱雀(すじゃく)北に玄武(げんぶ)を守護してます。
清水寺は東にあたり、清水寺の東には奥の院があります。祠に夜叉神が祀られていて夜叉神は青龍を守り、京都を警戒しています。
青龍会は清水の奥の院で法要が行われます。奥の院「八功徳水の儀」。本堂「落慶の儀」。
奥の院(舞台)→地主神社→音羽の滝→経堂→三重塔→西門→石段下→門前町→仁王門→轟門→本堂(舞台)
 

青龍会は、先頭の転法衆(てんぽうしゅう)が法螺貝を吹いて、行列が来たことを知らせます。
次に会奉行(えぶぎょう)、観音加持を行う夜叉神(やしゃじん)が続き、
四天王(してんのう)が青龍の前後を守護して、十六善神(じゅうろくぜんじん)が続きます。
会奉行 (えぶぎょう) 法会の儀式を統括し指揮を執ります。
転供侍者 (てんぐじしゃ) 行道の初めに行う侍者。
転法衆 (てんぽうしゅう) 法螺貝を吹き、行道が来たことを知らせます。
夜叉神 (やしゃじん) 合掌されている人々に幸福・厄除・招福を祈願する観音加持を司ります。
四天王 (してんのう) 持国天・増長天・広目天・多聞天の四天の王が青龍を守護し、「南無観世音菩薩」を唱えます。
十六善神 (じゅうろくぜんじん) 経典・大般若経を守護する十六体の神々。「南無観・・・」を唱え行道します。
龍衆 (りゅうしゅう) 観音様の化身である青龍を捧げて境内や門前を練り歩きます。

奥の院の左横で、各自が順番に整列して奥の院に入ります。
奥の院では、八功徳水の儀が行われ、儀が終われば、龍が踊ります。
 

奥の院から地主神社に移動。地主神社の後、石段の上から覗き見をして音羽の滝に移動します。
 

西門で勢揃いをする前に多重塔の回廊を1周します。その後、西門で勢揃いします。
西門で勢揃いした後に、一旦石段から降りて来られ、各々勢揃いします。
その後に見学者に夜又神から、お加持(手を合わせ頭を下げて下さい)を受けます。
お加持が終わると、青龍は西門前の石段で踊ります。



西門前での勢揃いが終わると門前町に降りて行かれます。
門前町では、青龍が店の中に入ったり出たりを繰り返します。
門前町一帯を行道したあと、清水寺に戻ってきます。
移動中も、夜又神の、お加持が受けられます。
  

仁王門前でも、簡単に整列します。会奉行が仁王門の上に立ち、龍衆を呼び、仁王門前で踊ります。
その後、青龍会の行列は清水寺本堂に戻って行きます。最後に本堂で落慶の儀を行います。
 


始まる10分前に奥の院に行かれると最初から見られます。
西門の前の勢揃いは、1時間ほど前から場所取りが始まります。


2007年に行われた「観音加持青龍会」です。

〜清水寺の行き方〜
市バス 「五条坂」「清水道」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)