乙の法要(乙が森)

3月10日に近い土曜日に、乙が森で乙の法要が8:00(※時間変更あり)に行われます。(京都:3月の行事)
乙の法要とは、おつう伝説の事です。
大原の里におつうという娘が住んでいました。ある日、上洛した若狭の殿様の目にふれ、おつうは玉の輿に。
やがて、おつうが病になり、殿様の心も変わり、おつうは里に戻されました。
悲しみのあまり、大原川の女郎渕に身を投じたそうです。すると、おつうは大蛇に変わりました。
上洛する為、若狭の殿様行列が、花尻橋に通りかかった時、大蛇は、行列を襲いました。
家来達が大蛇を一刀で切り捨てたそうです。
その夜から、激しい雷雨や悲鳴に見舞われ、恐がる里人は、大蛇の頭を乙の森に。尻尾を花尻の森に。
胴体は、西之村霊神之碑に葬ったと言われています。それぞれに、今もひっそりと法要が行われているそうです。


頭は、乙が森。胴体は、西之村霊神之碑に。尻尾の方は、花尻の森です。
最近では法要が江文神社で、5月4日の江文祭・9月1日の八朔祭で行われているようです。
   

最近では、蛇綱を担いで移動する事は行われていません。
祈願も乙が森と花尻の森で別々に行われているそうです。

2009年に行われた「乙の法要」です。

〜乙が森の行き方〜
京都バス「大原」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)