おとう(五社神社)

3月第2日曜日に五社神社で、おとうが10:00頃に行われます。(京都:3月の行事)
おとうは、農作物に感謝すると共に、五穀豊穣や子供の成長を願う祭です。
下津林に古くから伝わる神事です。

下津林に住む、おとこの子供達の中から2人選ばれ神職の格好をします。
氏子の大人達がお供え物を運び、農作物に感謝をし、五社神社のまわりを回ります。


本社で神事が行われ、清め・お祓いを行い、親と共に稚児さんも玉串の奉納をします。
拝殿には、お供え物に餅やイモが置かれています。最初に拝殿前で記念撮影が行われます。


次に五社神社の周囲を整列して回ります。



丸イモ・菱形の餅。稲を意味しているとも言われています。左=前期。右=中期。中=後期。


以前は、21日に近い日曜日でしたが、現在は第2日曜日に変更しました。

2007年に行われた「おとう」です。

〜五社神社の行き方〜
市バス「下津林六反田」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)