お松明式(清涼寺)

3月15日に清涼寺で、お松明式が行われます。(京都:3月の行事)
お松明式は、釈迦が荼毘に付される様子を再現した行事です。
嵯峨の清涼寺の「お松明」は、京都三大火祭の一つでもあります。他は「大文字五山送り火」「鞍馬の火祭」です。
松明を早稲・中稲・晩稲に見立てて、火の燃え方で年の米の豊凶を占います。
15:00より本堂に立てられる13本の高張り提灯の高低によって米相場が決まったと言われています。

松明には、輪がついていますが、これは天狗の顔です。真ん中は鼻なのです。天狗に天気を願い農作物の豊作を願いました。
12の輪は12ヶ月を意味しています。うるう年は13の輪が作られます。


松明が3基、境内に置かれています。松明は、それぞれ10Mほどあります。安全を願い法要が11:00から行われます。
松明を立てる場所を清めます。クレーン車で松明を持ち上げ、松明を3基立てるまで、法要が続きます。
二本目・三本目と立てられていきます。松明が立てられると、3本の木で松明を支えます。
支えている木と松明にロープを張ります。添え木でロープの張り具合を調整します。
  

お松明式の当日は、清涼寺が無料で参観できます。
嵯峨大念仏狂言が、愛宕詣(15:30)//釈迦如来(17:00)//土蜘蛛(18:30)/の3演目が行われます。



露店が松明の回りに立ち並び、ロープもまわりに張り巡らされました。
法要が20:00から始まり、お松明式が始まりました。最初に護摩壇に火が点火されます。護摩壇と松明のまわりを、提灯行列のお練りが3周します。
  

お練りが終わると松明に火が20:30頃に投げ入れられ、火が松明につき、勢いよく燃え上がっていきます。近くにいるだけで顔が熱いです。
護摩壇の火とお松明の火が消えていきます。後ろには、本堂に提灯(米相場の高低)が飾られています。
  

風下にならないのが大事です。当日の風向きに注意して場所取りされた方が無難です。
最前列は、お松明に火がつく1時間前に行かれた方が良いでしょう。前に近づきすぎると熱い思いをしますよ。

2007年に行われた「お松明式」です。

〜清涼寺の行き方〜
市バス・京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車。

きょうの沙都(トップ)