世継地蔵尊大祭(上徳寺)

2月8日に上徳寺で、世継地蔵尊大祭が行われます。(京都:2月の行事)
上徳寺は、世継地蔵があり子授けや子宝に恵まれるとあって、女性の参拝者も多いです。
世継地蔵尊大祭は、この日にお参りすると一億劫日功徳日に当たり祈念する法要が行われます。
境内では、多幸焼と粕汁が無料接待されます。無料接待は、9:00〜15:00なくなり次第終了します。
 

護摩木に願い事と、氏名・年齢を書き込んで、柴灯護摩供に入れてもらいます。世継地蔵尊前で祈祷が10:00より行われています。
 

山伏さんの法螺貝を先頭に、柴灯護摩供が14:00に行われます。祭文が読まれ、弓を東・南・西・北・天・鬼門に放ちます。
  

弓矢の儀式が終わると、祭文を読みます。祭壇のローソクの火から松明に火を移し、火床に点火します。
火床に点火されると煙があがり、やがて火があがります。山伏さん達は、願いが書かれた護摩木を火に入れます。
   

境内は狭いので、柴灯護摩供が行われる頃には人だかりが出来ます。30分前で大丈夫です。
無料接待は、柴灯護摩供が行われている時間帯は中止になる事もありますので、柴灯護摩供が行われる前に食べられた方が良いと思います。

2007年に行われた「世継地蔵尊大祭」の様子です。

〜上徳寺の行き方〜
市バス「河原町五条」下車、徒歩3分。/京阪「清水五条駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)