おんごろもち(西賀茂)

2月3日に西賀茂で、おんごろもちが行われます。(京都:2月の行事)
呼び名は、おんごろもちでいいのかどうか分かりません。ウンゴロモチの祭りとかいろいろあるみたいで。
現在は、2つの地域で行われていますが、以前は3つの地域で行われていたそうです。京都市ではこの地域だけの行事だと思います。

おんごろもちの祭りとは、地域の家々を巡って唄で厄除けをするというものです。
その時に、おんごろもちで〜すと声をかけます。その家の人が出て来たら、家の玄関口や前で鉦や太鼓と唄を。
終われば、その家の人から何かをいただきます。お菓子や食べ物・飲み物、ご祝儀など、何でもいいそうです。
その為、子供たちは大きな袋を持って歩きます。この行事は、基本的に子供たちの行事です。
本来は、5年生・6年生が行っていたようですが…少子化の影響で、小さなお子さんも加わります。
鉦や太鼓でおんごろもちの唄をうたい地域を回ります。厄除けするのが目的みたいです。


本来は、2箇所で同時刻(18:00)に行われるのですが、2013年は3日が日曜日と重なった為、1時間ほど時間差が。
その為、2箇所の、おんごろもちが撮れました。どちらも、手順は同じです。
おんごろもちの唄も最後の、ふくせを前にするか後にするかが違うだけ。唄の音頭も同じでした。

家々で唄う、おんごろもちの唄とは…
おんごろもちや おくった   まんまくどのおんまいど   せんちのすみまでおくった ふくせ ふくせ ふくせ
鉦・太鼓が叩かれる…   5名ほどのお子さんで移動。親御さんがサポートされます。
  

もう1箇所の方は地域も大きく、2つのグループに分かれて始まりました。一方の方についてまわりました。
2つのグループが、それぞれの分担する家々をまわった後、合流。合流後、お山(高台)に行き家々を回っていきます。

家々で唄う、おんごろもちの唄とは…
おんごろもちや おくった   まんまくどのおんまいど   ふくせ ふくせ せんちのすみまでおくった
鉦・太鼓でリズムをとっている…   7名ほどのお子さんが2グループで移動。親御さんがサポートされます。
  

2013年に行われた「おんごろもち」の様子です。

〜西賀茂地域の行き方〜
市バス「西賀茂車庫前」「神光院」下車、徒歩5分〜15分。

きょうの沙都(トップ)