国祷会(立本寺)

2月下旬〜3月上旬の土曜日か日曜日に立本寺で、国祷会が行われます。(京都:2−3月の行事)
国祷会は、世界平和と皆さんの幸福を願って祈祷を行います。水行/国祷会と法要/御火焚祭/特別祈祷会が行われます。
水行は、日蓮宗大荒行堂にて、100日間修行をします。修行は、1日7回の水行と読経三昧の修行を行います。
祈祷の相伝をうけた荒行僧が、水行で身を清めます。12:00水行/12:30国祷会と法要/14:00特別祈祷会/15:00御火焚祭


水行が始まる前に、僧侶さんが団扇太鼓を鳴らして合図します。
本堂から荒行僧が、水行に挑みます。※荒行僧の人数は年ごとに違います。
樽の前で祈祷を行い、水行の儀式が行われます。儀式が終わると、大きな樽から、手桶に水を汲み、頭の上から水をかけます。
  

水行が終わると本堂に戻り、国祷会の法要が行われます。
国祷会と法要が終われば、御火焚祭や特別祈祷会が行われます。
境内では、うどんの無料接待が11:00〜。 ※天ぷらうどん、きつねうどんのどちらかが選べます。


御火焚祭が、境内で行われます。祭壇前で、全僧侶さんが整列して祈祷が始まります。
火床に酒を注ぎ清めた後に火で点火します。
  

火が点火されると、火床を囲んでの祈祷。護摩木の投入。最後は、整列して祈祷を行います。
御火焚祭は、30分ほど。最後の法要が本堂で行われます。
  

2009年に行われた「国祷会」の様子です。

〜立本寺の行き方〜
市バス「千本中立売」「上七軒」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)