針供養(法輪寺)

2月8日に法輪寺で、針供養が13:00に行われます。(京都:2月の行事)
針供養とは、日頃、使っている針に感謝する祭事です。
法輪寺の針供養は2月8日と12月8日の2度ありますが、多彩な催しがあるのは、12月8日の方です。織姫の舞などが行われます。
本来の針供養は、12月8日で、平安時代から針供養法要として続けられています。


法要が始まり、針供養に関しての祭文を読み上げます。読み終えたところで、来られている方々で針刺しが行われます。
コンニャクは分厚く、長針を刺すのに適しています。コンニャクの刺す場所は3箇所あり、参列者さんが次々に刺されます。
  

刺されている間も法要は続き、刺し終えて、しばらくすると法要は終わります。
本堂前には、針を納める木箱が置かれ、多くの針が納められています。針は、後日、境内の御針供養塔に納められます。
 

針供養が始まる前には、甘酒が志納でいただけます。
法輪寺の柱には、撮影禁止って書かれていますが、祭事の時は、撮影が容認されている感じです。

2009年に行われた「針供養」の様子です。

〜法輪寺の行き方〜
市バス・京都バス「嵐山公園」下車、徒歩3分。/阪急「嵐山駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)