湯立神楽(城南宮)
1月20日に城南宮で、湯立神楽が本殿前で14:00より行われます。(京都:1月の行事)
湯立神楽は、一年の無病息災を祈願して行われます。
湯立神楽で使われる大釜には、1823年の印が入っていることから、
その時代から湯立神楽が行われていたと言われています。


神職さんを先頭に、鳥居から境内に入って来られます。
神事が本殿前であり各所でのお祓いが、そして祝詞が。


拝殿で巫女さんの神楽です。扇と鈴の舞です。
神楽が終わると、みなさんを拝殿から鈴で清めます。


続いて湯立の儀式が。
最初に、神前に向かい祈願します。塩を撒いて釜を清めます。この後、儀式が行われます。

杓取りの儀


笹を釜の湯に浸し、湯を撒き散らします。


湯立が終わると、笹の葉に釜の湯をふくんだ状態で移動して皆さんに無病息災を祈ります。


祭事が終わると、湯立に使った笹は有料にて…神職さんらは戻られていきます。


2時間以上前から場所取りが始まります。

2015年に行われた「湯立神楽」の様子です。

〜城南宮の行き方〜
市バス「城南宮東口」下車、徒歩5分。/近鉄・地下鉄「竹田駅」下車、徒歩15分。

きょうの沙都(トップ)