義仲忌(法観寺)

1月20日、法観寺で義仲忌が11:000頃に行われます。(京都:1月の行事)
義仲とは、源義仲の事で木曽義仲とも呼ばれている。平家物語では朝日将軍と。
1月20日は、義仲の命日です。
関係者さんは毎年、2日間ほどのツアーで木曽から大津と京都に来られます。
大津には義仲寺があり10:00より法要が。その後で法観寺に来られます。
※交通事情により始まる時間が遅れることもあります。
法観寺には、義仲の首塚があり、ここで法要が行われます。義仲忌の日は、無料で入れます。


義仲の首塚の前で法要が。関係者さんが次々と焼香を。


焼香が終わると木曽節の唄で木曽おどりが境内でおこなわれます。
木曽のナァーなかのりさん 木曽のおんたけナンチャラホーイ 夏でも寒いヨイヨイヨイ
踊られる方は木曽から来られている人達が主です。


2015年に行われた「義仲忌」の様子です。

〜法観寺の行き方〜
市バス「東山安井」下車、徒歩4分。

きょうの沙都(トップ)